三菱地所/神戸市北区に「さとう」専用の物流施設着工

2016年06月17日 

三菱地所は6月17日、兵庫県神戸市北区に近畿のスーパーチェーンの「さとう」専用の物流施設「ロジクロス神戸三田」を着工した。

<ロジクロス神戸三田の外観パース>
ロジクロス神戸三田の外観パース

<位置図>
位置図

敷地面積2万m2、2階建て、延床面積1.4万m2の規模で、2017年6月末竣工の予定。

中国自動車道・六甲北有料道路神戸三田ICに至近で、工場・倉庫等が集積した工業団地内に位置し、24時間運営が可能。

後背地に住宅地を擁しており安定的な雇用確保が期待できるなど3つの利点を兼ね備え、西日本広域の配送をカバーする好立地に位置している。

共用部等には、LED照明を設置し、省エネを通じた環境への配慮を行うことで、日本政策投資銀行による「DBJ Green Building認証制度」で4つ星「きわめて優れた『環境・社会への配慮』がなされたビル」として評価を受け、Plan認証を付与されている。

三菱地所単独開発の物流施設としては、ロジクロス福岡久山、ロジクロス厚木に続く第3弾となり、初のBTS型物流施設で、関西圏での着工も初となる。

さとうの新しい物流拠点としてプロセスセンター(鮮魚・精肉・惣菜加工センター)に倉庫を併設した建物を計画しており、また、冷蔵・冷凍・常温の3温度帯に対応した施設となる予定。

なお、テナントのさとうは、1666年に創業し、今年創業350周年を迎える。京都府・兵庫県北部を中心に大型ショッピングセンター、食品スーパー、ホームセンター、レストランなどの多業態を展開。

京都府福知山市に位置する既存の物流施設に加え、ロジクロス神戸三田を第2の拠点として商圏拡大を目指す。

■概要
所在地:兵庫県神戸市北区赤松台1-2-27
アクセス:中国自動車道、六甲北有料道路神戸三田ICまで約2.0㎞
敷地面積:約2万m2
延床面積:約1万4465m2
構造:S造、地上2階建
設計監理監修:フクダ・アンド・パートナーズ
設計・施工:清水建設
用途:倉庫兼プロセスセンター
着工:2016年6月17日
竣工:2017年6月末

最新ニュース