パナソニック/法人向け頑丈タブレット、新シリーズ発売

2016年06月15日 

パナソニックは6月14日、屋外や過酷な現場に適した頑丈タブレット「TOUGHPAD(タフパッド)」の新モデル「FZ-A2シリーズ」を、企業法人向けに8月下旬から発売すると発表した。

<TOUGHPAD(タフパッド)シリーズ>
TOUGHPAD(タフパッド)シリーズ

「FZ-A2シリーズ」は、屋外で活用できる頑丈設計と世界最軽量を両立。

10.1型WUXGA液晶搭載で、屋外での図面や地図の閲覧用途に適している。

「TOUGHPAD」「TOUGHBOOK」のその他モデルも、OSアップデートや機能の追加によりパワーアップ。4.7型ハンドヘルドから10.1型タブレット、13.1型PCまで、頑丈Android/Windowsの豊富なラインアップで、顧客の用途にあわせて選択できる。

「FZ-A2/B2/G1シリーズ」では顧客の現場用途に合わせ神戸工場でのカスタマイズが可能。保守・メンテナンス、ロードサービス、救急、飲食、車載などの分野に展開する。

■概要
商品名:TOUGHPAD FZ-A2
液晶:10.1型WUXGA(1920×1200ドット)搭載
   (2~800cd/m2の高輝度液晶を搭載。手袋をしたままでもタッチ操作が可能)
重量:約880g
バッテリー:約9時間(ワイヤレスWANモデルは約7.5時間)
CPU:Android 6.0、インテル Atom x5-Z8550 1.44GHz (最大2.40GHz) クアッドコア 搭載
その他:USB 3.1 Type-Cポート(USB OTG対応)、USB3.0ポート(標準サイズ)、HDMI出力端子(標準サイズ)など、豊富なインターフェースを内蔵
価格:オープン価格
発売時期:8月下旬

最新ニュース

物流用語集