三菱ふそう/中東クウェートに新型車両を投入

2016年06月03日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は6月3日、ダイムラー・トラック・アジアとして協業するDICV社のオラガダム工場で生産したFUSOブランドの中型トラック「FA」「FI」、大型トラック「FJ」をクウェート市場に投入開始したと発表した。

<現地で開催した発表会の様子>
現地で開催した発表会の様子

新型FUSOのラインアップは中東地域ではUAE(アラブ首長国連邦)に2015年11月に投入したのを皮切りに、カタール、サウジアラビアなどに順次投入されており、耐久性と燃費性能ですでに高い評価を得ている。

クウェートでは現在、石油依存から脱却し産業多角化が推進されており、またインフラ更新も進められている。

MFTBCは積載量3~18トンの荷台付トラックから総重量40~49トンまでのトラクターと幅広いラインアップの提供で、顧客層を拡大し産業発展に貢献するとしている。

クウェートの顧客は日本同様、トラックに経済性や操作性、安全性を求めており、1977年の参入以来、FUSOの車両に現地顧客からの高い信頼が置かれている。

新型トラックは、車両総重量9~16トンの中型トラック「FA」、「FI」と車両総重量または連結車両総重量25~49トンの大型トラック「FJ」、「FO」、「FZ」の5機種で構成。

最新ニュース