川西倉庫/30億円投じ、関東で新倉庫建設

2016年05月30日 

川西倉庫は5月30日、2016年度から2018年度までの3年間の中期経営計画「Vision2018・明日に向かって」を策定した。

2019年3月期の売上高229億円、営業利益8億円、営業利益率3.4%、当期利益4億8000万円を業績目標としている。

投資計画では、関東地区での新倉庫建設に約30億円、インドネシアでの新倉庫建設に約20億円、その他定温化設備等に約20億円を予定している。

基本方針は「 経営基盤の安定、強化を基本とし、特に利益の拡大伸長を計画の主軸とします」「お客様に対し、より質の高いサービス・より高付加価値を付けたサービスを提供します」「2018年度に迎える当社100周年にあたり、次の100年のために収益力の向上・成長力の向上を図ります」。

基本戦略では、既存事業の拡大・強化として、選別等流通加工業務拡充、定温設備拡充、運送部門強化、海外拠点強化、一貫輸送における国内部門との連携推進、ASEAN域内の物流強化、物流センターの機能拡充、通関体制の強化を挙げている。

、成長に向けた戦略的投資では、新倉庫建設(関東地区での新倉庫建設)、既存施設の再構築 (六甲ターミナル新倉庫等)、ASEAN地区に対する積極的投資(インドネシア新倉庫建設、海外現法の強化)を挙げている。

最新ニュース

物流用語集