日本紙パルプ/物流企業の配車計画業務等で合弁会社設立

2016年05月27日 

日本紙パルプ商事と東京システムハウス(TSH)は5月27日、合弁会社を設立し、今年の7月(予定)から新たなICT総合サービスを共同展開することで基本合意に至ったと発表した。

物流企業の配車計画業務、プログラム開発におけるテスト業務、夜間のコールセンター業務等の労働集約的な業務を、AI技術を用いて代替するビジネスを展開する。

超高速開発ツールを用いたシステム開発やクラウドサービスも手掛ける。

両社は、高い生産性と高度なサービスを提供できる企業が激しい競争に生き残り繁栄と成長を享受し得るとの共通認識のもと、企業向けのAIサービス(Enterprise AI)、超高速開発、クラウドサービスの三つを専業としたビジネスを共同展開するために、合弁会社を設立することにしたもの。

■合弁会社の概要
商号:未定
本店所在地:東京都中央区勝どき3-12-1(予定)
設立年月日:2016年7月(予定)
資本金:8000万円
出資比率:日本紙パルプ51.0%、TSH49.0%
主な事業内容:企業向けAIサービス(Enterprise AI)

最新ニュース

物流用語集