JLL/東京のロジスティクス市場、賃料2四半期連続で下落

2016年05月24日 

ジョーンズラングラサールは5月24日、東京のロジスティクス市場の市況、需給や空室状況、 賃料・価格動向、12か月見通し等をまとめた調査レポート「ジャパン プロパティ ダイジェスト(JPPD)2016年第1四半期」を発表した。

賃料は2四半期連続で下落した。月額坪当たり4,147円(共益費込)、 前期比0.8%の下落、前年比0.3%の上昇となった。

既存物件の賃料は安定的に推移したものの、大量供給を背景に、内陸エリアでの新規供給物件が平均を下回る賃料で募集を行っていることから、2四半期連続で小幅ながらマイナスとなった。

空室率は、大型の新規供給により2四半期連続で上昇した。

総計40万m2を超える大型の新規供給を市場に迎え、空室率は8.1%、 前期比1.6ポイント、前年比4.3ポイントの上昇となった。新規供給はインランド全体にかけて供給され、竣工時満室稼働物件もみられた。

価格は14四半期ぶりの下落となった。

価格は前期比1.1%の下落、前年比6.9%の上昇となり、賃料の下落を反映して14四半期ぶりの下落となった。投資市場では、ラサールロジポート(J-REIT)が新規上場にあたり、東京圏に所在する8物件を総額1614億円で取得した。ロジポート流山B棟(266億円、NOI利回り4.8%)とロジポート北柏(253億円、NOI利回り4.6%)が含まれる。

新規供給は43万4000m2となり、ストックは前期比7%増加した。 グッドマンビジネスパーク千葉イースト(延床面積13万3000m2)、プロロジスパーク吉見(延床面積10万9000m2 )、(仮称)野田物流センター(延床面積7万4000m2)を含む物流施設が竣工した。

12か月見通しでは、賃料、価格ともに緩やかに上昇するとみている。2016年の新規供給は過去10年平均比195%程度となっているものの、3PLなどの新築物流施設への需要を喚起するとみられることから、空室率は2016年にかけて低下するとみられ、 賃料の緩やかな上昇基調を支える見通し。

価格は、賃料上昇を反映して緩やかに上昇する見通し。

最新ニュース

物流用語集