第一中央汽船/再生計画が債権者集会で可決、東京地裁から認可

2016年05月19日 

第一中央汽船は5月18日、東京地方裁判所で開催された債権者集会で、第一中央汽船が提出した再生計画案が、大多数の債権者から賛同を得て可決されたと発表した。

これを受けて、同日、東京地方裁判所より再生計画を認可した。

なお、100%子会社であるSTAR BULK CARRIERについても、同社の再生計画案は可決され認可決定した。

今後の予定は、再生計画認可決定の確定日(再生計画の認可決定が確定するまでには、通常、同認可決定から約4週間程度の期間を要す)から2か月以内に、確定再生債権について債権者に対する弁済を実施する。

具体的な弁済額等の詳細は、各債権者に別途知らせる。

最新ニュース