ヨコレイ/10~3月の冷蔵倉庫事業、売上高6.0%増、営業利益28.5%増

2016年05月13日 

横浜冷凍(ヨコレイ)が5月13日に発表した2016年9月期第2四半期決算によると、冷蔵倉庫事業の業績は、売上高126億6300万円(前年同期比6.0%増)、営業利益32億6300万円(28.5%増)の増収増益となった。

2014年9月期から順次稼働した4つの物流センターのフル稼働や、「全国ネットワーク化」の推進で、戦略的な広域営業を進展させ売上高が増加したこと、および物流センターの立ち上がりに伴う臨時経費が前期比で減少したことなどによって増収増益となった。

荷動きは、前年同期は急激な円安のため低調だったが、当期初から順調に推移した。

貨物の取扱状況は、入庫取扱量は約3万8000トンの増加(6.4%増)、出庫取扱量は約4万1000トンの増加(6.8%増)、平均保管在庫量は約16万5000トンの増加(10.2%増)となった。

最新ニュース

物流用語集