住友倉庫/3月期の売上高1.4%減、営業利益14.9%増

2016年05月12日 

住友倉庫が5月12日に発表した2016年3月期決算によると、売上高1722億5700万円(前年同期比1.4%減)、営業利益107億6800万円(14.9%増)、経常利益127億8400万円(17.7%増)、当期利益80億8200万円(13.3%増)となった。

倉庫業では、文書等情報記録媒体を中心に保管残高が堅調に推移したものの、一部の配送センター業務が縮小したことにより、倉庫収入は前期並みの226億1600万円(0.1%減)となった。

港湾運送業では、コンテナ荷捌において中国航路の取扱いが前期を下回ったことなどから、港湾運送収入は368億8400万円(1.5%減)となった。

国際輸送業では、プロジェクト輸送の取扱いが前期に比べ減少したことなどから、国際輸送収入は341億3500万円(8.4%減)となった。

陸上運送業及びその他の業務では、陸上運送収入が減収となったことから、陸上運送ほか収入は377億5400万円(1.3%減)となった。

結果、物流事業の売上高は1313億9000万円(3.1%減)となり、営業利益は90億4400万円(0.4%減)となった。

来期は、売上高1730億円(0.4%増)、営業利益108億円(0.3%増)、経常利益126億円(1.4%減)、当期利益81億円(0.2%増)を見込んでいる。

最新ニュース