GROUND/岡村製作所と資本業務提携を締結

2016年05月11日 

GROUNDは5月11日、オフィス家具・産業機械製造大手の岡村製作所との間で資本業務提携を締結したと発表した。

<GROUNDの自動搬送ロボット「Butler(バトラー)システム」(左)と 岡村製作所のロボットストレージシステム「AutoStore(オートストア)」>
GROUNDの自動搬送ロボット「Butler(バトラー)システム」(左)と 岡村製作所のロボットストレージシステム「AutoStore(オートストア)」

資本業務提携によって、GROUND が扱う自動搬送ロボット「Butler(バトラー)システム」の提案・販売・導入・保守業務を両社で共同推進する。

岡村製作所が扱うロボットストレージシステム「AutoStore(オートストア)」と「Butler システム」との組み合わせにより、日本の物流現場での最先端の物流ロボットシステムの展開を加速する。

両社が導入していく新たな物流ロボットテクノロジーによって、労働生産人口の急減による慢性的な労働力不足に直面している物流現場の問題が根本から解決されることを期待している。

最新ニュース

物流用語集