DHC/千葉県市川市の大型物流センターをオリックスから一棟借り

2016年05月11日 

化粧品・健康食品の製造・販売を行うディーエイチシー(DHC)は5月10日、千葉県市川市でオリックスが開発している大型物流施設「市川塩浜ロジスティクスセンター」(7月末竣工予定)の賃貸借契約を締結した。

<市川塩浜ロジスティクスセンターの完成イメージ>
<市川塩浜ロジスティクスセンターの完成イメージ

市川塩浜ロジスティクスセンターは、首都高湾岸線千鳥町ICより約1kmに立地し、大消費地に近接した立地。

JR京葉線市川塩浜駅からも徒歩圏内(約9分)で、近隣の居住地域からの労働力確保が有利。

2017年度には千葉県内陸部を経由し埼玉県三郷市方面をつなぐ東京外環自動車道高谷JCTの完成が予定されており、更なる交通利便性の向上が期待されている。

施設は、1万3223m2の敷地に、地上4階建、延床面積2万7062m2の規模で、1階には片面23台、合計46台の両面にトラックバースを備えており、4基の荷物用エレベーターで上下搬送する。

BCP対策として非常用発電機を導入し、非常時も荷物用エレベーターや、事務所・共用部の一部で照明の使用を一定時間継続させることができ、物流機能の停滞回避が可能となる。

■概要
名称:市川塩浜ロジスティクスセンター
所在地:千葉県市川市塩浜2-16-1他
交通手段:首都高湾岸線千鳥町ICから約1km
     JR京葉線市川塩浜駅から約0.7km(徒歩9分)
敷地面積:1万3223.23m2
延床面積:2万7062.59m2
規模・構造:RCS造4階建
その他:床荷重 1.5t/m2、梁下有効高5.5m
着工:2015年8月
竣工:2016年7月

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集