JR東日本/日本郵便とヤマトで、宅配受取ロッカーを1年以内に100駅設置

2016年05月10日 

東日本旅客鉄道は5月10日、日本郵便とヤマト運輸と連携し、駅に「宅配受取ロッカー」設置を開始すると発表した。

<日本郵便の受取ロッカー「はこぼす」>
日本郵便の受取ロッカー「はこぼす」

<ヤマト運輸の宅配便受取りロッカー>
ヤマト運輸の宅配便受取りロッカー

お客は、通勤・通学途上での宅配の荷物の受け取りが可能になるとともに、インターネット通販の拡大により増加している不在再配達に伴う物流コストやCO2排出量の削減に寄与できる。

6月頃より設置を始め、1年以内に100駅程度の設置を目指す。

設置予定駅は、首都圏の各駅において設置スペースを確保し、各社と連携して設置を進める。

候補駅は、池袋、川口、蕨、大井町、鶴見、藤沢、平塚、豊田、下総中山、幕張、東所沢等。

山手線、京浜東北線、東海道線、中央線、埼京線、総武線等の首都圏の各駅への設置を検討する。

最新ニュース

物流用語集