NTTロジスコ/物流センタ改善報告会

2016年05月06日 

NTTロジスコは4月27~28日、物流センタ改善報告会を開催した。

<物流センタ改善報告会の様子>
物流センタ改善報告会の様子

NTTロジスコグループでは、サービス品質・生産性向上のため、日頃からTPS(トヨタ生産方式)の手法をベースとした2S・改善活動や日次収支管理、レイバーコントロール等の徹底に取り組んでおり、活動の成果を年に2回報告している。全国の物流センタ等から選抜された19チームが参加した。

上位3チームは、1位が平和島物流センタで、2位が千葉物流センタ、3位が埼玉物流センタだった。

1位の平和島物流センタの改善概要は「データロガー端末の導入による入荷検品の精度向上、作業手順書やチェックシートのブラッシュアップ(起きたミスを次に起こさないようにする確認の仕組み)、訓練道場の活用(全ての作業手順書の一覧掲示や実際の商品外箱を使用した表示項目の確認等)による品質向上、入荷情報の前倒し取得によるレイバーコントロールの強化や配車業務の一部システム化などによる効率化・生産性向上。

最新ニュース