商船三井/パプアニューギニアLNGプロジェクトの新造LNG船、竣工

2016年05月02日 

商船三井の子会社Gemini社が発注したLNG船「KUMUL」が4月29日、上海のHudong社で竣工した。

<LNG船 KUMUL>
LNG船 KUMUL

ExxonMobil社との長期貸船契約に基づき、パプアニューギニアからのLNG輸送に従事する。

プロジェクトは中国以外の船社として中国の造船所にLNG船を発注した初の事例であることに加え、中国の大手エネルギー会社であるSINOPEC社をはじめとした、アジアのLNG買主向け輸送。

本船は商船三井、中国の最大の船社であるCCSC社とSINOPEC社による共同出資会社が保有することなど、多方面で中国に深く根ざしたもの。

商船三井はGemini社からの委託を受け、造船所の建造品質と安全基準を引き上げ、高品質のLNG船を安全に建造するため、ExxonMobil社、CCSC社との協力関係の下、2011年1月からHudong社に技術者を派遣し、この中国建造LNG船プロジェクトを推進してきた。

■KUMUL概要
全長:290.0m
全幅:46.95m
満載喫水:11.50m
LNGタンク:メンブレン型
貨物タンク容量:171,800m3
主機関:低速ディーゼルエンジン+再液化装置
航海速力:19.5ノット

最新ニュース