日立物流ソフトウェア/物流センター管理システムの新バージョン

2016年04月05日 

日立物流ソフトウェアは4月6日、「物流センター管理システム(ONEsLOGI / WMS)」の新バージョンを出荷開始する。

バージョンアップは、パッケージ適用率の改善を目的として、顧客のニーズの高い機能を標準機能として搭載した。

機能強化は、日立物流グループを含む多くの物流現場の声を製品に反映した。

なお、物流センター管理システム(ONEsLOGI / WMS)は、物流センター・倉庫の入出荷、検品、在庫管理、棚卸業務を改善し、物流コスト削減と物流品質向上を実現する倉庫管理システム。

■物流センター管理システムの概要
http://www.hitachi-hbsoft.co.jp/solution/wms/

最新ニュース