エースコック、富士通/ベトナムで共同物流情報システム構築へ

2016年03月29日 

エースコックと富士通は3月29日、ベトナムに進出している日系企業が現地で品質の高い物流を共同利用できる共同物流情報システムの構築に向けて、取り組みを実施することで合意したと発表した。

<ベトナムでの共同物流による運送効率化イメージ>
ベトナムでの共同物流による運送効率化イメージ

<共同物流情報システム概要>
共同物流情報システム概要

両社それぞれのベトナム子会社である、Fujitsu Vietnam Limited (FVL)によるシステム運用のもと、現地で即席麺の売上シェア1位を誇るAcecook Vietnam JSC(ACV)の物流における試行を6月より開始し、このシステムの有効性を検証したのち、2017年3月の本稼働を目指す。

ベトナムでの物流において、契約した現地の物流業者から車両設備や運行記録などのデータを収集する仕組みを構築し、共同物流情報システムで効率的な配車計画や作業進捗状況の把握などを行い、車両の積載率や実車率の向上、物流コストの削減を目指す。

また、FVLとACVは、日系企業に対してこのシステムの共同利用を募るほか、富士通とエースコックはミャンマーなど他のASEAN諸国においてもシステムの有効性を検証し、ASEAN地域の物流改善を支援していくとしている。

従来、ベトナムの日系企業は、物流に関して現地企業に一任する以外手段がなく、自ら率先した改善の取り組みが難しかった。

最新ニュース