阪急阪神エクスプレス/グローバル物流管理システム、17か国で運用開始

2016年03月28日 

阪急阪神エクスプレスは4月1日、グローバルでの物流管理・経営分析を実現する「阪急阪神エクスプレスグローバルデータベース(以下:GDB)」を世界17か国の拠点で本格的に運用を開始する。

<GDBシステム概要>
GDBシステム概要

同社は、GDBを活用したグローバルサプライチェーンの可視化サービスを、顧客の荷主企業に提供することで、競合物流企業との差別化が可能となる。

自社内においてもグローバル連結収支を早期に把握して、さまざまな角度から分析することで、最適な経営判断を行うことができるようになる。

GDBは、NTTデータベトナム(ベトナムハノイ)が製品化した物流ソリューションL-Seriesのほか、NTTデータが保有する貿易ドキュメント管理ソリューションTradeBook、データ・ディスカバリー・プラットフォームQlikView、データ連携ソリューションASTERIA WARPなどの複数のソリューションを組み合わせて構築した。

NTTデータとNTTデータベトナムは今後、阪急阪神エクスプレスのグローバルビジネスのさらなる発展を支援するとともに、グローバルに展開する荷主企業・物流企業のサプライチェーン・経営情報の可視化を支援する。

NTTデータでは、複数のソリューションを効果的に組み合わせることで、阪急阪神エクスプレスの目指すGDBを短期間で構築した。

日本発のプロジェクトがNTTデータベトナムの物流ソリューションL-Seriesを採用するのは初めて。

今後、NTTデータとNTTデータベトナムでは、各国の倉庫在庫と輸送中在庫を一元的に可視化する在庫管理機能の追加など、阪急阪神エクスプレスのグローバルビジネスのさらなる発展を支援する。

グローバルに展開する荷主企業・物流企業のサプライチェーン・経営情報の可視化をはじめ、貿易・ロジスティクス分野におけるビジネスを積極的に拡大する。

■問い合わせ
NTTデータ
第一公共事業本部
第二公共事業部
営業部
貿易物流ソリューション
担当:角本
TEL:03-3287-7003
tradesolution@kits.nttdata.co.jp

最新ニュース