BSI、ヤマトHD/保冷宅配便サービスのPAS規格策定プロジェクト開始

2016年03月25日 

BSIグループジャパンは3月25日、ヤマトホールディングスからの依頼に基づき、保冷宅配便サービスに関するPAS規格策定に係る契約を締結し、取り組みを開始したと発表した。

<国際規格の社会的な意義>
国際規格の社会的な意義

PAS規格(PAS1018:2017)(公開仕様書)では、アジアをはじめとする世界各国で保冷宅配便サービスを安全・安心に利用できる環境を整え、生活の利便性向上や地域経済の活性化、保冷宅配便サービスに関わる市場拡大に貢献するため、世界初の国際規格の策定を目指す。

ヤマトHDは、日本の宅配便業界が長年培ってきたノウハウや運用基準に基づいた規格を策定し、保冷宅配便サービスの利便性と業界全体の信頼性を向上させ、顧客に安心・安全な保冷宅配便サービスを提供したいと考えている。

PAS規格を策定することによって、生活者の安全性と利便性の向上や地域経済の活性化、保冷宅配便サービスに関わる市場の拡大に貢献できるとしている。

国土交通省の諮問に対し、社会資本整備審議会・交通政策審議会は 「今後の物流政策の基本的な方向性等について」で、「多頻度・小口配送や定時配送等といった顧客ニーズに応じたきめ細やかなサービス、コールドチェーン、宅配システム等我が国物流事業者が有する世界でも最高水準のサービスやノウハウ等を基に、アジア諸国とともにアジアの標準を積極的に形成していくことが重要である。このため、我が国物流システムの規格化・国際標準化を主導的に果たしていくような取組の検討が必要である」と答申している。

今回のPAS規格策定については、政府のこうした取り組みや、関連する業界とも連携して進めていく。

PAS規格は2017年早期の完成を目指し、発行後は、各国で保冷宅配便サービス事業者が認証されることで、安心して保冷宅配便サービスを利用できる社会の実現を目指す。

最新ニュース

物流用語集