商船三井/新型オートパイロット航路制御機能で1.5%の省エネ効果

2016年03月16日 

商船三井は3月15日、東京計器と共に、東京計器製オートパイロット航路制御能「ACE」の、実船での性能検証試験を実施したと発表した。

<従来の制御方法(左)とACEを用いた航路制御(右)の比較イメージ>
従来の制御方法(左)とACEを用いた航路制御(右)の比較イメージ

ACEは船の針路の方位を設定することで、風潮等の外乱影響を推定し、航路離脱距離を最小化して舵を最適に制御する。

従来の制御方法と比べ、航路離脱距離や変針回数の低減が見込め、省エネ運航を実現する。

検証試験では、このビッグデータ活用の一環として、運航船に搭載している「Fleet Monitor」から得られるデータを解析し、約1.5%の省エネ効果を確認した。

商船三井では、運航船から得られるビッグデータを船内で一元的に収集し、安全運航支援、環境負荷低減、効率運航等に役立て、総合船舶運航支援ネットワークの構築を目指している。

最新ニュース