SBS即配サポート/次世代蛍光灯直管形CCFL照明を導入

2016年03月11日 

SBS即配サポートは、自社の産業廃棄物中間処理施設である環境事業部横浜事業所内に設置している、OAリサイクルセンターと処理後選別ラインエリアの蛍光灯を全てCCFL照明に交換した。

<CCFL蛍光灯>
CCFL蛍光灯

<横浜事業所のOAリサイクルセンター>
横浜事業所のOAリサイクルセンター

横浜事業所2階に設置しているリサイクルセンターと処理後選別作業ラインエリアの蛍光灯の経年劣化に伴い、2月27日と28日に、既存照明設備の解体工事とCCFL蛍光灯144基と専用電子安定器、照明器具等の据付設置工事を完了した。

CCFL電球を導入設置面積は、720m2。

環境事業部は、SBSグループにおける「静脈物流」のプロフェッショナル集団として、循環型社会の構築に貢献している。

運営する中間処理施設の東雲事業所(東京都江東区)と横浜事業所(横浜市金沢区)では、廃棄物の収集・運搬から中間処分、再生原料化までの一貫処理が可能で、1日あたり合計370トンの廃棄物の中間処理が可能となっている。

CCFL蛍光灯は、一般的なLED照明と同等の寿命と省電力機能があり、経済性に優れ、加えてLED照明よりも柔らかく自然光に近い安定した光を発っする。

ブルーライトの発生量も少ないことから作業者の目にも優しく、VDT作業環境に適合した光源としても評価されている。

OA機器の安全・確実な廃棄処理が可能な横浜事業所のリサイクルセンターは、現場の生産性向上のために、施設や設備の拡充を積極的に検討する。

■中間処理施設
http://www.sbs-sokuhaisupport.co.jp/spl/service/destination/

最新ニュース

物流用語集