三井住友海上/国際海上輸送の危険品輸送賠償責任保険を販売開始

2016年03月07日 

三井住友海上火災保険は3月7日、危険品の国際海上輸送における荷送人の賠償リスクを総合的に補償する「危険品輸送賠償責任保険」をあいおいニッセイ同和損害保険と共同で販売すると発表した。

昨年8月に発生した中国・天津港での爆発事故を契機に、引火性・爆発性のある危険品の輸送と保管リスクに対する関心が高まっている。

加えて、今後予定されている商法改正等により、荷送人は運送人に対して、「輸送する貨物が危険品であること」などを通知する義務を負うことが明確化される見通しで、適切な通知を行わなかった場合、高額な賠償請求を受ける可能性もある。

化学品メーカーや商社等の顧客を対象に、荷送人の賠償リスクを広範にカバーする新商品を開発した。

危険品輸送賠償責任保険の特長は、危険品の漏出を原因とする賠償責任、財物損壊や身体障害を伴わない経済的損害に対する賠償責任など、海外生産物賠償責任保険(海外PL保険)等では補償されない損害を含め、危険品の国際海上輸送に伴う賠償リスクを総合的に補償する。

海外PL保険等でも補償されるリスクに対して、上乗せ補償として活用できる。

船舶の大型化に伴い、輸送中の事故による損害は高額化する傾向で、危険品輸送を取り巻く賠償リスクについて、特に手厚い補償を希望される顧客のニーズに対応する。

また、補償範囲を危険品の輸送に限定することにより、加入しやすい保険料水準を実現。保険料は、顧客が取り扱う危険品の輸送額、輸送区間、支払限度額等に応じて決定する。

業種が化学品製造業で、年間輸送額が100億円、輸送区間が日本~アジア地域全般だと、支払限度額は10億円で、年間保険料は約180万円となる。

最新ニュース