協和発酵キリン/10億円投じ、上海で新固形剤棟を稼働

2016年03月02日 

協和発酵キリンは3月2日、協和発酵麒麟(中国)製薬が当工場敷地内に新固形剤棟を竣工し、商業生産の稼働を開始すると発表した。

<新固形剤棟外観>
新固形剤棟外観

中国での安定的な成長へ向けた事業基盤の再構築の一環。

新固形剤棟では、中国向けの固形剤の輸入分包装の生産を開始し、将来的にはレグパラ錠の製造を予定している。

■施設概要
名称:新固形剤棟
規模:RC造 平屋建て 
延床面積:1392.5m2
投資額:約10億円
用途:固形剤の製造
稼働開始:2016年3月(商業生産)

最新ニュース