日本郵便/宅配ロッカー「はこぽす」、機能・エリア拡大

2016年02月26日 

日本郵便は2月26日、宅配ロッカー「はこぽす」による受け取り等の利便性向上を図ると発表した。

<機能拡大>
機能拡大

3月から、不在のため受け取れなかったゆうパックを近くの「はこぽす」で受け取れるようになる。(一部地域に限る。)

オークションサービスやフリーマーケットサイトで落札した商品を、指定の「はこぽす」で受け取れるようになり、買取サービス利用時に「はこぽす」から商品を発送できるようになる。

4月から「モバオク」で落札した商品を受け取ることができるようにするほか、9月から総合買取サービス「ハグオール」利用時の商品を発送できるようにする。

また、一部の「はこぽす」に郵便ポストを組み込み、郵便物等を差し出せるようにし、さらに、郵便物やゆうパック以外の荷物の受け取りにも「はこぽす」を利用いただけるように検討する。

日本郵便の荷物の受け取りだけでなく、他社宅配便の荷物の受け取りも可能とするオープン化も検討する。

<設置場所拡大>
設置場所拡大

「はこぽす」は、都内22か所の郵便局に設置しているが、今後、様々な企業・団体と連携し、郵便局以外にも生活導線上便利な駅、商業施設やコンビニエンスストアなどに設置を拡大する。

第一弾として、京王井の頭線の駅6か所に設置し、3月中に実証実験を開始する。

さらに、首都圏以外にも設置を拡大し、3月以降、「ゆうゆう窓口」が設置されていない駅近くの都内3郵便局の屋外に設置し、24時間受け取りを可能にする。

コインロッカーに「はこぽす」の機能を追加したロッカー筐体等、多目的に利用できるロッカーをロッカーメーカーと共同で開発・展開する。

最新ニュース