センコン物流/バンコクで仙台牛PR、商流物流の両面からサポート

2016年02月24日 

センコン物流は2月23日、タイ・バンコクにおいて宮城の食肉関係者とともに現地のレストラン関係者に向けて仙台牛の販売促進プロモーションを1月26日に実施したと発表した。

<試食会の様子>
試食会の様子

宮城県の農畜産物輸出基幹品目販路開拓業務を受託したことに伴うプロモーションで、海外への県産農水産物輸出強化策の一環として行った。

仙台市がタイのサポートデスク事業を委託している東洋ビジネスサービス社の協力を得て、バンコク中心部のレストラン「仙台庵」を会場にバンコク市内のレストラン関係者9社19名を招いて仙台牛の特長の説明と、冷凍・冷蔵ものを食べ比べるという趣向でセミナー試食会が行われた。

プロモーションでは和牛の最高級ブランドとして仙台牛の認知を高めるため、品質に優れる冷蔵輸送したものを推奨した。

和牛の輸出は消費期限やコスト面から、冷凍して船便で輸送されるのが一般的だが、宮城県産はあえて品質で勝負するため、冷蔵空輸したもので現地の富裕層の需要を狙う戦略。

タイは日系企業の進出が多く、バンコクだけでも日本食を提供する飲食店が1000店舗以上あり、近年ではタイ人の富裕層も日本食を好んで食べる傾向にあるという。

委託事業では、TPP参加に伴い安価な輸入牛肉が流入してくることを踏まえ、県産牛肉の海外販路開拓を進めるものであり、同様のプロモーションを引き続きマカオでも展開することで現地パートナーと調整済みとなっている。

同社はロシア向けの輸出に長く取り組んできたが、地元企業の進出意欲の高い東南アジア地域でもそのノウハウを活用し、商流物流の両面からサポートするため、県の委託事業に応募していた。

最新ニュース

物流用語集