NEXCO中日本/中央自動車道の登坂車線区間を右側付加車線方式に変更

2016年02月22日 

中日本高速道路(NEXCO中日本)は2月19日、中央自動車道多治見イICから小牧東IC間の下り線の登り坂区間で、現在の登坂車線方式から右側付加車線方式への変更を試行すると発表した。

<右側付加車線方式への変更区間>
右側付加車線方式への変更区間

<運用前と運用後>
運用前と運用後

従来の登坂車線方式は、速度があまりでない大型車などが走行車線の左側に設けた登坂車線に移行し、坂を登り切ったところで再度走行車線に復帰する構造であり、低速車に待避してもらうことで、交通流をさまたげない効果を期待する。

右側付加車線方式は、比較的速度に自由度のある車両が第二走行車線の右側に設ける追越車線を利用して自ら追い抜く方式で、低速車の待避や合流をなくすことで、安全性の向上を目指す。

国家公安委員会委員長(当時)主催による「交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会」で、2013年12月にとりまとめられた提言を受けて、登坂車線の合理的な運用を目指し、警察・国土交通省との検討、関係機関との協議を重ね、試行することになった。

右側付加車線方式への変更により、低速車が車線をゆずるのではなく、比較的速度に自由度のある車両が右側から追い抜くこととなり、安全性の向上が期待される。

最新ニュース