C&W/物流不動産のソリューションを的確・迅速にワンストップで提供

2016年02月22日 

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(以下:C&W)は、年間収益約6000億円、60か国以上に43,000人の社員を有する世界最大級の不動産サービス会社。

昨年9月にDTZグループとC&Wグループは経営統合し、日本ではDTZと今年1月18日に事業統合し、拠点(東京都千代田区永田町)を集約した。

DTZのプロフェッショナルがC&Wのプラットフォームに加わり、テナントレップ、プロジェクトマネジメント、ファシリティマネジメント、リテールサービス、インベストメントセールス、鑑定評価、ロジスティクスからアセットマネジメントに至るまで一層充実したサービスを提供する。

日本でDTZが行っていた業務は、C&W(東京都千代田区永田町2-11-1山王パークタワー13階)が承継し、これまでの担当者がC&Wの社員として引き続き取引先を担当する。

なお、コマーシャル・アンド・ロジスティクス部では、物流不動産サービスプロバイダーとして物流不動産に関するソリューションを的確に、迅速にワンストップで提供する。

■C&Wの概要(日本)
社名:クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド
所在地:東京都千代田区永田町2-11-1山王パークタワー13階
TEL:03-3596-7070(代表)
設立年月日:1997年7月4日
資本金:1000万円
代表者:
代表取締役社長タッド・オルソン
従業員数:約70名
株主:Cushman&Wakefieldグループ
業務内容:不動産および信託受益権の売買仲介・テナントレップ・リテールコンサルティング・不動産鑑定評価・プロジェクトマネジメント・プロパティマネジメント等総合不動産サービス全般
※なお、不動産投資運用・投資助言業務についてはグループ会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメントで取り扱う。
免許・登録:
宅地建物取引業(東京都知事(4)第76979号)
第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第1265号)
不動産鑑定業(東京都知事(3)第1984号)
加入団体:
第二種金融商品取引業協会日本不動産鑑定協会
東京都不動産鑑定士協会東京都宅地建物取引業協会
http://lnews.jp/bunner/pdf/cushmanwakefield_160127.pdf

最新ニュース