外務省/中央アジア諸国と運輸・物流部門の専門家会合

2016年02月05日 

外務省は2月4日、「中央アジア+日本」対話・第3回専門家会合(運輸・物流)を開催し、中央アジア5か国(ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン)の実務担当者と日本政府関係機関(外務省、国土交通省、経済産業省、日本貿易振興機構(JETRO)、国際協力機構(JICA))が意見交換を行ったと発表した。

日本からは、運輸・物流分野における日本の政策やビジネス、経済協力面での基本方針や考え方、さらには日本の関係当局の観点からの中央アジアにおける運輸・物流分野の問題点等について説明がなされた。

参加者からは、運輸・物流分野での各国の取組や課題について説明があったほか、この分野での地域・国際協力の重要性につき指摘があった。

参加者からは、日本の中央アジア地域に対する積極的な協力や支援に対する感謝の表明があり、今後の具体的な協力の可能性に関しても意見が出された。

昨年11月にトルクメニスタンのアシガバットで行われた第10回高級実務者会合で、実践的協力の新たな優先的分野として運輸・物流分野に取り組んでいくことで一致したのを受けて、より具体的な議論を行うべく、同分野をテーマとして開催されたもので、今後もこうした取組を行っていく考え。

最新ニュース

物流用語集