オーナミ/4~12月の売上高0.0%増、営業利益48.3%増

2016年01月26日 

オーナミが1月26日に発表した2016年3月期第3四半期決算によると、売上高74億9300万円(前年同期比0.0%増)、営業利益5億1500万円(48.3%増)、経常利益4億6200万円(26.7%増)、当期利益2億9000万円(31.6%増)となった。

物流事業は、堺事業所倉庫の市素材入庫量が減少するなか、ソーラーパネルの保管、プラント機器類の水切横持作業、大型機械の据え付け作業や清掃工場向けのクレーンメンテナンスを受注した。

その他、造船ブロック製作会社からの場内作業が順調に推移し、陸運業は鋼材輸送に加えて、清掃工場向けのボイラーやダムの水門、国内向けシールド掘進機の輸送を受注し、物流事業の売上高は72億2600万円(0.05%減)となった。

通期は、売上高104億円(2.8%増)、営業利益6億2000万(20.7%増)、経常利益5億5000万円(5.7%増)、当期利益3億3000万円(2.0%減)の見通し。

最新ニュース

物流用語集