鴻池運輸/ミャンマーに新会社設立

2016年01月22日 

鴻池運輸は1月22日、ミャンマーの経済特区に独資で新会社を設立すると発表した。

日本とミャンマー両国政府間で開発推進中のミャンマー初の経済特区(SEZ)ティラワSEZでは、外資100%による事業運営が認められており、保税倉庫事業やトラック運送事業等その他経済特区の利点を活かした事業展開が可能。

鴻池運輸はミャンマー事業の拡大には最善であると判断した。

■設立する子会社の概要
名称:Konoike Myanmar Co.,Ltd.(仮称)
所在地:ミャンマー・ヤンゴン管区ティラワ経済特区内
事業内容
 通関業含むフォワーディング(海上・航空)全般
 倉庫業(保税倉庫)及びトラック運送業
 エンジニアリング・プラント据付業
設立時期:2016年3月(予定)
資本金:5億円(予定)
決算期:3月31日
株主:鴻池運輸95%、コウノイケ・シッピング5%

最新ニュース

物流用語集