ニチレイ/産業廃棄物委託プロセスを見直し

2016年01月20日 

ニチレイは1月20日、グループ会社が廃棄依頼をした品が、「ダイコー」経由で不正に転売されていた旨の報道がなされていたことから、産業廃棄物委託プロセスを見直すと発表した。

主な産業廃棄物は、ニチレイフーズやニチレイフレッシュでは工場における残渣、衛生検査時のサンプル等。

ニチレイロジスティクスグループにおいては、溶解や破損によって使用できなくなった保管物。

見直し策は、業者の選定について、新規、現在処理を委託している業者についても、関連する公益財団法人の情報等を踏まえて、点検を実施する。

廃棄方法は、包装後の製品を廃棄する場合、包材から取り出して、他の製品や製造工程等で発生する副産物と一緒に専用容器に移し替えて、排出するなどの対応をする。

やむを得ず包装後の製品を開封せずそのまま廃棄する場合は、ニチレイの事業所より排出する段階からニチレイ社員が立会うなどの方法で、産業廃棄物処理業者での処理が確実に実施されたことを確認する。

なお、ダイコーには、主としてニチレイフーズの中部地区の拠点から、破袋品や検査時のサンプル品等、販売不能なものの廃棄を委託してきた。

取引開始はおよそ2008年ごろから始まっている。2013年10月から2015年10月までの間に9回、廃棄を依頼し、全てマニフェストを受領している。なお「みのりフーズ」との直接の取引はない。

最新ニュース

物流用語集