オリックス資源循環/立川市に積替中継施設、廃棄物の処理受託事業開始

2015年12月28日 

オリックス資源循環は、東京都立川市に廃棄物の積替中継施設を新設し、市内から発生する事業系一般廃棄物の処理サービスを開始した。

<サービスフロー図>
サービスフロー図

同社が立川市内で商業施設などを運営する事業者などから事業系一般廃棄物の処理を受託する。

立川市より許可を受けた一般廃棄物収集運搬会社と連携して回収した廃棄物を、中継施設で大型トラックに積み替えて効率的に当社施設へ運搬することで、コストを抑えながら遠方からの廃棄物の受け入れを可能にした。

同社は、埼玉県寄居町に廃棄物高度処理施設(ゼロエミッション施設)をPFI事業として運営している。

最先端の熱分解ガス化改質方式を採用しており、廃棄物を約2000度で溶融し、完全に再資源化している。

再資源化物質としてスラグやメタルなどを回収するほか、精製合成ガスを敷地内の発電施設で高効率発電の燃料として利用する。

処理能力は、日量450トンで、工場や事業所から排出される産業廃棄物だけでなく、埼玉県内と近隣の市町村から家庭ごみなどの一般廃棄物を受け入れている。

同社では、立川市が掲げるごみの減量やリサイクル推進などのごみ処理問題の解決につなげていき、今後もこれまでに培ったノウハウを生かし、積極的に事業展開を図っていく。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集