ブリヂストン/北米で自動車用シートパッドの生産拠点を拡充

2015年12月17日 

ブリヂストンは12月17日、米国ニューヨーク州ナイアガラ郡に北米市場向けの自動車用シートパッドを生産する新工場を設立すると発表した。

ブリヂストンの完全子会社で、自動車用と小型トラック用防振ゴムやウレタン製品を製造・販売しているブリヂストン エーピーエム カンパニー(BAPM)が行う。

新工場設立で、BAPMは、ニューヨーク州バッファローに拠点を置くディベロッパーであるモンタンテ グループ(Montante Group)が650万ドル(約7億8000万円)を投資して建設する建屋をリースする予定。

これに加え、BAPMは500万ドル(約6億円)を投資して生産設備を導入する計画。

新工場設立により、2017年末までに現地で約60名の雇用を創出する見込み。

敷地面積は11エーカー(約4万5000m2)で、延床面積は約6000m2になる予定だ。

BAPMによる同工場での自動車用シートパッドの生産は、2017年第1四半期に開始し、同年の6月から8月を目途にフル生産に移行する見込み。

■新工場の概要
名称:サンボーン工場 (Sanborn Plant)
所在地:アメリカ合衆国ニューヨーク州ナイアガラ郡
操業開始:2017年第1四半期予定

最新ニュース