日通/「日通の森」で秋の森林育成活動

2015年12月15日 

日本通運は12月15日、山形県飯豊町、鳥取県日南町、静岡県伊豆の国市の「日通の森」で秋の森林育成活動を実施し、延べ93名が参加したと発表した。

<飯豊町で稲刈りを体験した参加者>
飯豊町で稲刈りを体験した参加者

9月26日、27日には、山形県飯豊町の「日通の森」で43名が参加して活動。1日目は、ブナの苗木400本を植樹した。2日目は、地元の人々と一緒に芋ほりや稲刈りなどの農業体験を行った。

<日南町で植樹活動>
日南町で植樹活動

鳥取県日南町の「日通の森」では、10月24日、25日に22名が参加して活動を行い、シバグリ、イロハモミジ、アオダモの苗木500本を植樹した。2日目には「日通の森」を見下ろす位置にある花見山を散策し、落ち葉のじゅうたんの上を歩きながら、植物の生態を学んだ。

<伊豆の国市で行われた下草刈り作業>
伊豆の国市で行われた下草刈り作業

11月14日は、静岡県伊豆の国市の「日通の森」で28名が下草刈りを行った。活動の休憩中には、地元の森林組合による間伐作業の実演が行われ、森林保全を継続して行うことの大切さを学んだ。

12月5日には、本社ビルに隣接する浜離宮恩賜庭園内で、年内最後の活動となる「落ち葉集め活動」を実施し、合計95名の従業員とその家族が参加した。

日通では、中期経営計画「日通グループ経営計画2015-改革と躍進-」に掲げる「CSR経営に基づく、事業を通じた社会への貢献」と合わせて、今後も森林育成活動など環境保全への取り組みを積極的に行っていくとしている。

最新ニュース