SGH財団/2015年度「佐川がん研究助成」15件を決定

2015年12月07日 

SGホールディングスグループの外郭団体SGH財団は12月7日、2015年度の「第27回 佐川がん研究助成」の対象とする研究と「第13回 佐川特別賞・佐川看護特別賞」の受賞者を発表した。

<授与式の様子>
授与式の様子

<理事長の栗和田榮一と受賞者>
理事長の栗和田榮一と受賞者

第27回佐川がん研究助成金授与式と第13回佐川特別賞・佐川看護特別賞授賞式を12月5日、京都市で開催した。

2015年度は、全国の研究機関より応募があった総数221件の中から、東京大学生産技術研究所炎症免疫制御学特任助教の生島弘彬氏による「自然免疫系が担う癌免疫監視機構の本態解明とその応用」をはじめとする15件に、それぞれ100万円(総額1500万円)の助成を決定した。

「佐川特別賞」ならびに「佐川看護特別賞」はがんの研究ならびに看護の発展に顕著な功績を挙げ、かつ今後の発展が期待される人に対し贈られる賞。

「佐川特別賞」は、慶應義塾大学医学部教授の坂元亨宇氏と、京都大学大学院医学研究科教授の湊長博氏の2人に、「佐川看護特別賞」は、慶應義塾大学看護医療学部・大学院健康マネジメント研究科教授の小松浩子氏と京都大学医学部附属病院看護師長の三富陽子氏の2人。

「佐川特別賞」受賞者に対しては、賞金500万円とあわせ栗和田榮一賞として彫刻家・笹戸千津子氏作のブロンズ像「希望」が、「佐川看護特別賞」受賞者に対しては、賞金100万円とあわせ栗和田榮一賞として彫刻家・笹戸千津子氏作のブロンズ像「悠」がそれぞれに贈られた。

最新ニュース