ラクスル/ネット運送・配送サービスを開始

2015年12月03日 

ラクスルは12月3日、印刷EC、集客支援に続くシェアリングエコノミー事業として、ネット運送・配送サービス「ハコベル-hacobell-」(ハコベル)を開始した。

「ハコベル」は、パソコンやスマホアプリから最適なドライバーをマッチングして、荷物の配送予約から支払までを行えるネット運送・配送サービス。

インターネットを使って各運送会社の非稼動時間を有効活用し、低価格な運配送の仕組みを実現。

サービス利用後には利用者がドライバーを評価する仕組みを設け、優良ドライバーのみをネットワークすることで、高品質のサービスを提供する。

印刷EC事業で培ったカスタマーサポート体制をいかし、テスト段階でも高い顧客満足度を得ているという。

料金は配送距離によって決まるため、カーゴ便や軽トラックに積載できる範囲であればどれだけ荷物を積んでも料金一律で価格が明瞭。

24時間365日いつでもかんたんに予約申し込みができるだけでなく、配送情況をリアルタイムで確認することができ、さまざまな状況下でも安心して利用できる。

利用者は思い立ったときに「すばやく」「かんたん」に「信頼できる」配送サービスを手配することができる。

ドライバーは専用アプリからダイレクトに配送依頼が届くことで、仕事が入っていない時間帯を利活用し、稼働率を高めることができる。

今後、利用者からの評価をドライバーに開示することで仕事に対するモチベーションを喚起し、サービス品質の更なる向上に努めていく。

■ハコベル hacobell
https://hacobell.com/

最新ニュース