パナソニック/業務用車両管理システム、法人用AV一体型カーナビサービス開始

2015年12月02日 

パナソニックのオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は12月2日、法人向けAV一体型カーナビゲーション用運行管理アプリケーションソフト、業務用SSDポータブルカーナビゲーションの新製品等を12月下旬から発売する。

加えて業務管理クラウドサービス「DRIVEBOSS(ドライブボス)」を2016年1月下旬から開始すると発表した。

<運行業務管理のシステム構成>
運行業務管理のシステム構成

<商品一覧>
商品一覧

本格的なカーナビゲーション機能とインダッシュ取り付けが可能な法人向けAV一体型のカーナビゲーション「CN-B200D」を、運行管理システム対応にバージョンアップできるアプリケーションソフトを発売し、運行管理車載機のラインアップを強化した。

加えて多拠点で事業を展開する企業に向けて、インターネット経由で拠点間の情報を一元管理できるクラウドサービス「DRIVEBOSS(ドライブボス)」を開始し、業務効率化への幅広いニーズに応える。

昨年導入した業務用SSDポータブルカーナビゲーションとパソコン用業務管理ソフトの新製品も、使い易さを向上し、日々の業務の可視化による効率化や安全運転をサポートする。

運行管理アプリケーションソフト(CA-AGA152B)を使用し、多彩な運行管理機能で、業務の効率化、作業負担の軽減、安全運転サポートを実現する。

ドライバー毎に、業務終了後に運行記録が書き込まれたSDメモリーカードをパソコンに挿入し、ドライバーの一日の作業内容、作業時間、移動距離を基にした日報を簡単に作成でき、自動印刷も可能だ。

運転者別・車両別月報で、運転者・車両の運転傾向が把握でき、省エネ・安全運転の管理指導が可能。走行中の「速度超過」「急加速」「急減速」などを音声とメッセージ表示で注意を促す。車速に連動した高精度なカーナビゲーション機能やAV機能等、本格的カーナビゲーション機能が充実している。

最新ニュース

物流用語集