ホクト/35億円投じ、子会社が長野市に新工場建設

2015年12月02日 

ホクトは12月2日、子会社のホクト産業が新工場を建設すると発表した。

現在、製造を行っている工場は、1968年4月ポリプロピレンビンの製造工場として建設したもので、2007年に食品容器製造のためクリーンルーム設備を増設し稼働してきた。

きのこ栽培容器の品質と供給の安定、安全で安心な飲料容器の製造を行うため、設備の老朽化が進んでいることから、新工場を建設し、規模の増加と生産効率の向上を図る。

なお、現在稼働中の製造工場は、稼働を休止し、今後の活用について検討していく。

■概要
名称:ホクト産業豊野工場(仮称)
所在地:長野県長野市豊野町浅野字三反割1906
建設着工時期:2015年12月
売上高:約18億円
敷地面積:1万104.31m2
建設内容:鉄骨造4階建
建物延面積:約1万4426.19m2
設備投資額:約35億円
従業員:約60名
製造開始時期:2016年8月より

最新ニュース

物流用語集