SGH財団/東南アジアからの私費留学生に奨学生採用証書を授与

2015年11月17日 

SGH財団は11月17日、東南アジアからの私費留学生を対象とした「2015年度 奨学生採用証書授与式」を11月16日に京都で開催したと発表した。

<授与式の様子>
授与式の様子

<栗和田榮一理事長と奨学生>
栗和田榮一理事長と奨学生

第30期生となる2015年度奨学生16名(学部生8名、大学院生8名)は、国公私立各大学の学長より推薦を受けた私費留学生72名の応募から、選考委員会による厳正な審査を経て採用された。奨学生には奨学金月額10万円が財団から2年間支給される。

ホテル日航プリンセス京都(京都市下京区)で行われた採用証書授与式では、理事長の栗和田榮一(SGホールディングス代表取締役会長)から、第30期奨学生一人ずつに採用証書が手渡された。

奨学生を代表してベトナムからの留学生である、リ ミン アン トゥさん(立命館アジア太平洋大学3年次)が「将来のリーダーとして私達は母国と日本の友好関係を促進し、アジアの和を築くため努力します」と挨拶した。

懇親会では、奨学生同士や来賓、財団関係者、SGホールディングスグループ関係者などとの交流を図った。

最新ニュース