ミスミ/クラウド型B2B基盤ソリューション導入

2015年11月12日 

GXSは11月12日、ミスミグループ本社の生産材を取引先が調達する際のソリューションに、OpenText GXSのクラウド型B2B基盤である「OpenText Managed Services」が採用されたと発表した。

ミスミは、世界17万社以上のお客に、金型用部品やFAメカニカル部品を1個から設計、見積、発注し、標準納期2日で出荷するメーカー事業と、2000メーカー、1000万点以上の生産間接資材や消耗品を容易に検索、見積、発注できる一般流通品事業をネット上のeカタログや紙カタログで展開している。

これら事業での受注処理は、膨大な量のデータを一元処理する必要があり、またグローバルな事業展開を更に拡大するためにもクラウド化の推進を決めた。

ミスミは、OpenText Managed Serviceの特長である、国内、グローバルに事業を拡充できるクラウドベースのB2B基盤を提供できる点、技術開発だけでなく、VAN接続の運用も含めて一元管理できる点
を評価し、OpenText Managed Servicesを採用した。

世界規模で展開する生産材調達ソリューションにおいて、取引先の調達プロセス全体の自動化、効率化を進めるとともに、低コスト・短期間で世界中に広がる取引先との接続が可能になり、さらにサービスの領域を広めることができる。

■OpenText Managed Services
https://www.gxs.co.jp/products/b2b-managed-services/

最新ニュース

物流用語集