三菱ふそう/ベトナムに中型と大型の新型モデルを投入

2015年11月11日 

三菱ふそうトラック・バス(FUSO)は11月11日、ダイムラー・トラック・アジアとして協業するダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ(DICV社)のオラガダム工場で生産した中・大型トラックを年内にベトナムで販売すると発表した。

<中型トラック「FJ」(ベトナムモーターショー2015)より>
中型トラック「FJ」(ベトナムモーターショー2015)より

FUSOは中型トラック「FJ」と大型トラック「FZ」を、ベトナム・ホーチミン市で10月末に開催された同国最大のオートサロン「ベトナムモーターショー2015」で披露した。同モデルに加えてFUSOの主力商品である小型トラック「キャンター」や、小型バス「ローザ」も展示した。

新たに披露した車両はDICV社のオラガダム工場で生産され、2013年に世界各国に向け販売を開始した。その耐久性と燃費性能は各国で高評価を得ている。2014年はFUSOの最大市場であるインドネシアに投入した。その後、アフリカや他のアジア諸国へと導入を拡大し、現在、世界展開を進めている。

FUSOはアジア諸国でも特に成長著しいベトナムを戦略市場と位置付け、同国での事業を強化するべく、2014年よりメルセデス・ベンツ・ベトナム(以下MBV)を通じて小・中・大型トラックの現地組み立て及び販売を行っている。

同国で小型のみだった販売ラインアップを2014年から中・大型まで拡大した。以来、販売台数は前年同期比(1-10月)で約24%増加している。今回、新興国のニーズに合わせた新モデルの導入により、幅広い選択肢を顧客に提供することで、同国でのシェア拡大を目指す。

最新ニュース