上組/4~9月の売上高0.2%増、営業利益5.3%減

2015年11月09日 

上組が11月9日に発表した2016年3月期第2四半期の業績は、売上高1214億4100万円(前年同期比0.2%増)、営業利益112億400万円(5.3%減)、経常利益121億9900万円(0.9%減)、当期利益82億8000万円(4.7%増)となった。

国内物流事業は、青果物の取扱いが若干増加したものの飼料原料、製鉄原料及び自動車並びに鉄鋼製品の取扱いが減少したことから、国内物流事業部門の売上高は1012億900万円(0.6%減)、営業利益は103億700万円(4.5%減)となった。

国際物流事業は、プラント貨物の取扱いが比較的好調であったことから、国際物流事業部門の売上高は164億5100万円(2.1%増)となったが、営業利益は輸送コストの上昇により、5億7800万円(8.7%減)。

通期は、売上高2442億円(0.6%増)、営業利益224億円(0.2%増)、経常利益238億円(0.7%増)、当期利益158億円(5.6%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集