国際石油開発帝石/西豪州沖合のガス輸送パイプライン、敷設完了

2015年11月05日 

国際石油開発帝石は11月5日、西豪州沖合に位置するイクシスガス・コンデンセート田と北部準州に建設中の陸上ガス液化プラント(LNGプラント)を結ぶ全長約890km、口径42インチのガス輸送パイプラインの敷設作業が完了したと発表した。

<ガス輸送パイプライン敷設作業の様子>
ガス輸送パイプライン敷設作業の様子

オーストラリア連邦で操業主体(オペレーター)としてプロジェクトパートナーと共にイクシスLNGプロジェクトの開発作業を2014年6月から進めてきたもの。

引き続き、耐圧試験などこのパイプラインの供用に向けての各種作業を継続していく。

最新ニュース