クニエ、SAP/三菱ふそうのトラック運用コストの比較シミュレーションを構築

2015年10月26日 

クニエとSAPジャパンは10月26日、三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)が、インメモリー・クラウド・プラットフォーム「SAP HANA Cloud Platform」を導入し、トラック運用コストの比較シミュレーションアプリケーション「ライフサイクルコストシミュレーター」を約3週間で構築したと発表した。

「ライフサイクルコストシミュレーター」は、現行の運用車輌、年間走行距離、所有台数などの必要項目を入力することで、トラックの燃費や整備コストといった運用費用を試算し、MFTBC社製車輌を導入した場合の運用費用と、瞬時にシミュレーション比較することができる。

超高速で計算処理可能なプラットフォームである「SAP HANA Cloud Platform」を採用したことで、ユーザーにストレスを感じさせないスピードを実現している。

「ライフサイクルコストシミュレーター」には、ホームページ内から誰でもアクセスでき、PC端末とタブレット端末から利用することができる。今後は、スマートフォン対応、機能拡充も予定している。

構築にあたり、コンサルティング会社であるクニエが、構想策定、ディレクション、SAP HANA Cloud Platform の開発を担当した。

MFTBCでは、自社環境での構築を検討していたが、提供開始までに半年以上を要する見込みだったこと、第一弾以降も機能拡張を予定していることなどから、スピードと柔軟性に優れた「SAP HANA Cloud Platform」での構築を決定した。

特に「SAP HANA Cloud Platform」が、アプリケーション開発に必要なアプリケーションサービスを多数備えていたことなども決め手になった。

開発期間は6分の1以下に、初期費用も3分の1以下に抑えることができた。

SAP HANA Platform は、将来的にビッグデータ処理と予測分析などの新たなサービスの基盤となる可能性も有していることも採用理由の一つとなった。

MFTBC の顧客となる運送業界では、原油高や円安などの要因により燃料費が高騰し、各社の経営は厳しい状況に置かれ、利益を確保するためには、迅速かつ正確な原価計算を行っていく必要がある。MFTBCでは、このような状況を受け、顧客サービス強化の取り組みの一環として、「ライフサイクルコストシミュレーター」を構築した。

最新ニュース