ヤマトオートワークス/物流ファシリティマネジメントサービス発売

2015年10月23日 

ヤマトオートワークス(YAW)は10月16日、フロン排出抑制法に対応する「物流設備フロン点検サービス」を発売した。

<サービスの流れ>
サービスの流れ

サービスの総称は「物流ファシリティマネジメントサービス」。物流・流通事業を支える施設・設備とその環境の品質・リスク・コストをコントロールする経営活動をサポートする。

複数拠点に散らばる物流施設・設備の統括マネジメントで、「品質を確保するため施設・設備の運営維持」、「施設・設備の課題を評価」、「施設戦略・中長期修繕計画の策定を支援」、「改修工事や修繕などのプロジェクト管理」の業務をサポートする。

個別サービスとして、「物流設備フロン点検サービス」を発売。物流ファシリティマネジメントサービスの個別サービス第一弾で、フロン排出抑制法に対応した業務代行サービス。業務用空調機器や冷設機器の点検・メンテナンス、データベース化を通してコンプライアンス経営を支える。

物流ファシリティマネジメントサービスの個別サービスとして、「物流設備機器マネジメントサービス(物流作業の洞泉温度管理レベル維持)」、「物流施設BCP対策サービス(耐震チェック・事業継続対策)」、「物流施設環境改善サービス(職場や作業場の生産性・安全性・快適性改善)」、物流施設防災サービス(防火・防災・セキュリティ)」の5つのサービスを今年度内に発売する予定。

最新ニュース

物流用語集