NTTロジスコ/物流センタ改善報告会、18チーム参加

2015年10月22日 

エヌ・ティ・ティ・ロジスコ(NTTロジスコ)は10月15・16日、物流センタ改善報告会を開催した。

全国の物流センタ等から選抜された18チームが参加した。

上位3チームは1位、千葉物流センタ、2位福岡物流センタ、3位市川物流センタ。

1位の千葉物流センタの改善概要は、保管レイアウトと作業台の位置変更による作業動線の短縮、検品作業の工夫(「固定型スキャナーを設置してピッキング時にそのまま読み取らせることにより検品時の商品及びHT持ち替えのムダを排除」、「フットスイッチと小型モニターの導入により作業台からキーボードとモニターをなくし、目線移動と商品の持ち替えのムダを排除」)等により生産性が向上した。取り扱い品は化粧品。

評価された改善手法を全社に水平展開していくとともに、TPSの手法をベースとした2S・改善活動をLGPS(Logistics Production System)として進化させ、改善活動をさらに推進していくとしている。

同社では、サービス品質・生産性向上のため、日頃からTPS(トヨタ生産方式)の手法をベースとした2S・改善活動や日次収支管理、レイバーコントロール等の徹底に取り組んでおり、活動の成果を年に2回報告している。

最新ニュース