セイコーエプソン/秋田エプソンに新工場を建設

2015年10月21日 

セイコーエプソンのグループ会社である秋田エプソンは10月21日、インクジェットプリンター用ヘッドの生産能力を増強するため、約34億円を投じ、11月から新工場の建設を開始すると発表した。

<完成イメージ>
完成イメージ

新工場は2016年秋に稼働を開始し、将来的には秋田エプソンでインクジェットプリンター用ヘッドの生産能力を現在の約3倍に向上させる予定。

秋田エプソンの新工場では、大容量インクタンク搭載プリンターやビジネスインクジェットプリンターのコアデバイスとなるインクジェットヘッドの製造・組立を行う。

秋田エプソンは高い技術力を持つ生産拠点として、国内の研究開発拠点と密接に連携している。

コアデバイスの生産を通じて得られる先端の生産技術・ノウハウをエプソンの海外生産拠点へも展開することで、グループの総合的なものづくり力の向上に貢献している。

新工場では、生産設備の内製化や生産ラインの自動化・合理化を進め、さらに高い生産性を実現していくとしている。

■概要
名称:秋田エプソン新工場
所在地:秋田県湯沢市岩崎字壇ノ上1
生産品目:インクジェットプリンター用ヘッドの製造および組立
(大容量インクタンク搭載プリンターおよびビジネスインクジェットプリンター用)
工場面積
建築面積:4614m2
延床面積:1万528m2
従業員数:30名以上(正規新規雇用)

最新ニュース

物流用語集