住友商事/横浜に8.4万m2の物流施設開発、物流施設ブランド名「SOSiLA」に

2015年10月19日 

住友商事は10月19日、神奈川県横浜市緑区で、延床面積約8万4000m2の最新鋭物流施設「(仮称)SOSiLA横浜港北」を開発すると発表した。

<完成予想図>
完成予想図

<物流施設の新しいブランドのロゴ>
物流施設の新しいブランドのロゴ

同社が首都圏で開発する4棟目となる物流施設で、2017年秋の竣工・稼働開始を予定している。完成時の資産規模は、300億円程度となる見込み。

施設の計画地は、第三京浜道路港北ICから5.1㎞、東名高速道路横浜青葉ICから5.6㎞と、高速道路へのアクセスに優れている。

2017年には横浜環状北線、2021年に横浜環状北西線の港北ICが開通する予定で、東京港・羽田空港方面へのアクセス向上が想定されている。

周辺市街地から従業員の確保も期待できる、希少性の高い立地。この計画地は消費者との距離を縮める「ラストワンマイル」の拠点として最適で、首都圏西部向け配送拠点としての優位性が高く、特に通信販売、コンビニエンスストア、スーパー等の多頻度配送を実施する業態に最適な立地。

施設は、ランプウェイ方式により、40フィートコンテナトラックが1階から3階まで直接アクセスして接車、積み下ろしが出来る設計を採用している。

待機トラックのスペースを十分に確保するなど、多様なニーズに対応可能な、高い配送利便性を備えたマルチテナント型の最新鋭物流施設という。

施設は、「SOSiLA」ブランドとして新設する、「(仮称)SOSiLA習志野茜浜Ⅲ」(2016年9月末竣工予定・4階建・延床面積約3万9000m2)に次ぐ、第2号案件となる。

住友商事は、今後首都圏と関西圏で、年間300億円規模の物流施設開発を目指す。なお、同物流施設は住商リアルティマネジメント等が組成する不動産ファンドに順次売却することを想定している。

施設の開発決定に合わせ、住友商事が開発する物流施設のブランド名を「SOSiLA」に統一。今後、新ブランドで、国内外で物流施設の開発事業を展開する。

「SOSiLA」は、社会とのつながり(=Sociability)・環境への配慮や持続的成長(=Sustainability)・人と労働環境への配慮(=Individuality)の3キーワードを基に、物流施設を通じた価値提供を行う(=Logistic Aspect)という事業コンセプトに基づく。

■物件概要
名称:(仮称)SOSiLA横浜港北開発計画
住所:神奈川県横浜市緑区上山1-162-1
最寄駅:JR横浜線・横浜市営地下鉄中山駅(徒歩15分)
敷地面積:3万9075m2
延床面積:8万4353m2(予定)
構造・階数:未定・4階建(予定)
竣工年月:2017年秋(予定)

最新ニュース