JR貨物/川崎市長に廃棄物の鉄道輸送20周年で報告

2015年10月16日 

JR貨物は10月15日、神奈川県川崎市の福田紀彦市長にクリーンかわさき号運転の20周年の報告を行い、記念品としてクリーンかわさき号の模型を贈呈したと発表した。

クリーンかわさき号は、従来の車のみによる輸送を一部代替する方法として、川崎市域のほぼ半ばを縦貫する梶ヶ谷ターミナル駅から川崎貨物駅・末広町駅を活用し、川崎北部地区のごみの一部を臨海部へ輸送する鉄道輸送システムとしてスタート。

1995年当時、一般廃棄物を鉄道で輸送するのは、全国でも初の試みだった。

当時、川崎市は廃棄物処理事業は交通事情の悪化に伴う運搬効率の低下や車の排気ガスによる大気汚染など多くの問題を抱えていた。

なお、10月19日から23日に川崎市役所代3庁舎1階ロビーで、クリーンかわさき号20周年記念パネル展・ジオラマ展を開催する。先着100名に、クリーンかわさき号ポストカードを配布予定。

■クリーンかわさき号概要
運転開始日:1995年10月2日
運転区間:梶ヶ谷ターミナル駅→川崎貨物駅(20㎞)・末広町駅(23㎞)
1日1往復 21両編成専用列車
取扱発送個数:29万339個(1995年10月~2015年9月)
取扱品目:焼却灰、一般ごみ、空ビン、空缶PET、MIXペーパー、容器プラ

最新ニュース

物流用語集