JR貨物、三井不動産/東京貨物ターミナル駅に大規模物流施設を開発

2015年10月15日 

日本貨物鉄道(JR貨物)は10月15日、東京都品川区の東京貨物ターミナル駅に延床面積16万m2の大規模物流施設「エフ・プラザ東京N棟(仮称)」を開発すると発表した。

<エフ・プラザ東京N棟>
エフ・プラザ東京N棟

開発事業パートナーとして三井不動産を選定し、基本合意書を締結した。

計画地は、貨物ターミナル駅として国内最大の規模を誇る東京貨物ターミナル駅構内。首都高速湾岸線大井南IC、同横羽線平和島ICからそれぞれ約2km、東京港国際コンテナターミナルから約3km、羽田空港国内貨物地区からも約4kmと、陸・海・空の「結節点」となる、アクセスに非常に優れた立地に位置している。

施設は、地上5階建て、延床面積約16万1000m2の規模で、大型車両が各階に直接乗り入れできるランプウェイを2基備えた、マルチテナント型物流施設となる。免震構造を採用予定で、顧客の安心安全に配慮した最新鋭の施設とする。

エフ・プラザ東京N棟は両社の共同事業、隣接地に計画しているM棟はJR貨物の単独事業となる。

JR貨物は、総合物流企業として発展するための布石として、鉄道貨物輸送の利用促進に寄与する、貨物鉄道に直結した国内最大級の大型物流施設を開設する。物流の効率化、温度管理貨物を保管する冷蔵冷凍倉庫機能、成長が期待されるEコマース市場への対応など、時代のニーズに合わせた物流サービスを提供できる新たな物流拠点にするとともに、鉄道事業との相乗効果をより一層生み出していく。

また、三井不動産が全国に自社ブランドの物流施設を展開していることから、このプロジェクトを契機として両社の連携を深め、幅広い顧客層に向けて積極的な営業展開を図り、新たな鉄道輸送需要の創出に取り組んでいくとしている。

開発事業パートナーである三井不動産は、ロジスティクス事業を国内事業の新たな基盤とするために、2015年4月1日付で「ロジスティクス本部」を新設した。三井不動産のロジスティクス事業は、ビジネスの根幹を顧客と位置付け、開発、保有(賃貸)、マネジメント(運営)の各事業をバランスよく組み合わせて成長を目指している。

現在、国内で16物件の開発、保有(賃貸)を行っているが、この件は、三井不動産がロジスティクス事業において受託する、初の大規模マネジメント事業であり、JR貨物から開発業務を受託し、開発計画の企画立案、テナント誘致等を行い、竣工後はマスターリースおよび建物の管理・運営を行う。

■概要
物件名:エフ・プラザ東京N棟(仮称)
所在地:東京都品川区八潮3
事業者:日本貨物鉄道
敷地面積:約7万1000m2
延床面積:約16万1000m2
規模・構造:地上5階建 / 免震構造
着工:2019年10月(予定)
竣工:2021年10月(予定)

物件名:エフ・プラザ東京M棟(仮称)
事業者:日本貨物鉄道
敷地面積:約2万4000m2
延床面積:約6万1000m2
規模・構造:地上5階建/免震構造
着工:2018年1月(予定)
竣工:2019年8月(予定)

最新ニュース

物流用語集