ヨコレイ/日本冷凍空調学会が夢洲物流センターを視察

2015年10月14日 

横浜冷凍は10月14日、日本冷凍空調学会の委員ら45名が夢洲物流センターを10月7日に訪れ、施設見学会を開催したと発表した。

<夢洲物流センター>
夢洲物流センター

<施設見学会>
施設見学会

施設見学会

日本冷凍空調学会は、1925年に冷凍・冷蔵に関連する学術技術の発展と普及を目的として設立された、冷凍分野における公益法人。

冷凍・空調機械技術と、食品、エネルギー、環境問題などの周知技術に関する振興を目指して活動しており、今回自然冷媒による最先端の冷凍冷蔵設備見学会として、同センターを訪れた。

参加者からは、冷凍機器の構造や日々のメンテナンスについて、活発な意見交換が行われ、日本冷凍空調学会委員長の大阪市立大学大学院の西村伸也教授は、「我が国の学術分野と、産業分野の融合の成果が結実している現場を拝見し、今後の冷凍空調分野の益々の進展に確信を抱いた」と感想を述べた。

センターは、最新鋭の冷却設備を備えた環境にやさしい冷蔵倉庫として、昨年7月より稼働。冷却設備には産業用省エネ型ノンフロン冷凍装置(NewTon)を導入。

冷却時の廃熱を利用するハイブリッドデシカント陽圧式低温プラットホームなど、環境に配慮した最新鋭の技術を駆使している。

施設屋上には、発電能力630kWの太陽光発電システムを設置。自社利用の他に、売電も行っている。

最新ニュース

物流用語集